教育目標

  社会連帯、国際理解の意識のもとに自己を見つめ、社会が要求する心身ともに健全に
 して、誠実、勤勉、明朗な経済人の育成を期する。

 ≪校訓≫
  至誠一貫

 ≪校風≫
  質実剛健 文武両道 先事後得
 

教育方針

① 心身を錬磨し、人格形成および望ましい人間関係形成を目指す。
② 確かな学力を土台として、専門性を深化させた知識と技術を養成する。
③ 高度情報化社会・国際化社会に対応できる能力を涵養(かんよう)する。
④ 一人一人の能力・適性に応じた将来設計能力を涵養する。
⑤ 地域社会との連携を深め、地域に根ざした教育を行う。
 

特色ある教育内容等

① 心身を錬磨し、人格形成および望ましい人間関係形成を目指す。
 ○基本的生活習慣の確立指導を通して、自主自立の精神を養う。
 ○挨拶・マナー教育を徹底し、望ましい人格を養成する。
 ○学校行事・学年行事などを通して、集団の一員としての自覚と協調性を養う。
 ○部活動を通して、たくましく粘り強い精神と体力を養成する。
 ○様々なボランティア活動の実践を通して、思いやりの精神を涵養する。

② 確かな学力を土台として、専門性を深化させた知識と技術を養成する。
 ○ 学年進行にしたがって専門分野の学習を深め、確かな学力を養成する。
 ○ 整備された学習環境のもと、少人数・多人数・習熟度・志向別等の柔軟な学習形
     態により、専門性を深化する。
 ○ 社会のニーズに対応する実践的・実務的学習を行い、即戦力となる知識・技術を
     養成する。
 ○ 様々な資格の取得に積極的に挑戦し、生涯にわたって学び続けるための資質・能
     力の土台を身に付ける力を育成する。

③ 高度情報化社会・国際化社会に対応できる能力を涵養(かんよう)する。
 ○充実した情報教育環境のもと、科学技術の進歩や社会のニーズに対応した学習内容を積極的に導入し、高度情報化社会に対応できる能力を涵養する。
 ○情報技術の進展や社会事象に多面的に興味関心を持ち、国家試験や各種資格に対し、積極的に取得する意欲、能力を涵養する。
 ○実習授業を通して多様な情報処理能力を育成するとともに、ネット社会におけるマナー教育を徹底し情報モラルの高揚を図る。
 ○体験的学習を通して、自ら課題を設定し解決する能力やコミュニケーション能力の育成を図る。
 ○英語学習とくに実践的な英語能力の育成を図り、国際化社会に対応できる能力を涵養する。
 ○米国の姉妹校との国際交流を通して国際感覚を高める。

④ 一人一人の能力・適性に応じた将来設計能力を涵養する。
 ○インターンシップや実習授業などを通して望ましい職業観を確立する。
 ○多様な選択科目を用意し、生徒の興味関心に応じた学習を可能とする。
 ○公的機関・民間企業・上級学校等との連携を図り、また、伝統校としての人的資源を活用し、将来設計能力を涵養する。
 ○キャリア教育を充実させ、また、様々な進路学習を通して進学・就職への自主的・主体的に取り組む能力を涵養する。
 ○実社会の状況を模擬体験できる教育環境を整え、生徒の目的意識を涵養する。

⑤ 地域社会との連携を深め、地域に根ざした教育を行う。
 ○ビジネス教育の実践として地域の活性化に積極的に貢献し、地域社会との連携を深める。
 ○様々な公的行事に進んで参加し、地域の一員としての意識を養成する。
 ○情報を絶えず受発信し、また、地域の有識者に学ぶ機会を設けるなど、地域との交流を深め、地域に根ざした教育を行う。
 

学校の特色

 大正9年に創立された本校は創立97周年を迎えました。伝統に裏打ちされた校風は誇りと活気に満ち、数多くの卒業生が各界で活躍しています。そして、21世紀に活躍しうる人物を目標にして、コンピュータ等の情報機器の学習やニュージーランドの高校との定期的な交流を推進するなど、最新の産業教育と国際理解教育を積極的に実施しています。
 資格取得や部活動などで何度も日本一になった「実績」があります
 運動部・文化部をはじめとした各部活動は県内大会を制覇して全国でも活躍しています。多くの部活動が今までに「日本一」に輝きました。それだけではなく、簿記・情報処理・ワープロ・英語などの資格取得に熱心に取り組み、合格者数で「日本一」の栄冠を勝ち取りました。
 生徒一人一人の個性を重視した「進路」が開かれています
 大多数の生徒が自己の可能性を求めて、部活動や資格取得に励み、充実した高校生活を送っています。その実績を活かして、就職はもちろんのこと、進学にも対応できる多様な進路が用意されています。